La Guilde 'Fraternity' Index du Forum
S’enregistrerRechercherFAQMembresGroupesConnexion
How Could You Reach The Position Of Representative Director

 
Répondre au sujet    La Guilde 'Fraternity' Index du Forum » Demande d'adhésion à la guilde » Ce que la guilde recherche Sujet précédent
Sujet suivant
How Could You Reach The Position Of Representative Director
Auteur Message
bianqwil


Hors ligne

Inscrit le: 08 Mai 2016
Messages: 103
Localisation: Roma
Masculin

Message How Could You Reach The Position Of Representative Director Répondre en citant

How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition)
by Clyde Unno



->>->>->>DOWNLOAD BOOK How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition)


アクセンチュアを退職して13年になるが、32年勤め、どのようにしてトップまで上りつめることができたのかを書くことにした。何度も失敗しながら、なぜ32年間も厳しいアメリカの企業に生き残れたのかは今から振り返っても、言葉に言い尽くせないものがある。定年まで過ごせたことは色々な方々に助けてもらったからだ。仕事ができても、この企業には残れない。

一番気をつけたことは過去のことはいい思い出になってしまうので、できるだけ、客観的に事実を書いたつもりだ。自慢話にならないように、気をつけたが、それっぽいところもある。誇張もしないように気を配ったつもりだ。本当に全部こういったことをやったのかと疑いたくなる内容があるが、やってしまったのは事実である。本当の話は魑魅魍魎なのかもしれない。

それから、こうして書いてわかったのだが、仕事以外に、青年会議所とか女性問題とか競技スキーとかをやっていたので、仕事は厳しかったが、結構余計なことをたくさんしていた。あれほど厳しい会社だったが、色々、仕事以外で好きなことをしていた。確かに、何年も布団の中で、寝なかった時もあったが、それは仕事に長時間制約されていたのではなく、仕事が好きだったからだった。

また、この本の構成は年代順に書き綴ってはいない。以下各章ごとにその解説をするが、年代順にはかけなかったのである。アクセンチュアの仕事と青年会議所の活動が8年間重なっているが、全く違う活動なので、一緒には書けなかった。また、女性関係は七転八倒したが、これも夜の生活なので、昼間とは一緒には書けなかった。

それからアクセンチュアの文化とか業務の内容とか経営者としての資質については時間軸に中で書くことはしなかった。別途、章を改めた。インラインスケートもユニークなので、それも一章設けた。それからアクセンチュアを辞めてから何をしたのかも章を分けて書いた。だから、第五章から第八章までがアクセンチュアでの仕事の経緯である。

以下が各章の章立ての内容だ。

第一章はアクセンチュアでの仕事のやり方について述べている。最近、過労死とかブラック企業が話題になっているが、その原因である、仕事に対しての過負荷とか超残業時間とかに関してはアクセンチュアが世界一だろう。どんなに仕事を効率よくやっても終わらないような負荷がかかってくる。そうした負荷をこなせない人は残れない。仕事が飯より好きだったから平気だった。そうでなければ命が持たない会社だ。


第二章はコンサルティングもしていたが、多くの仕事はそうではない。お客様の仕事の仕方を根本的に変えるのが仕事の中心だった。この企業はそのためのノウハウを持っている。しかも、大規模の改革を行う。だから、戦争に近い。敵はその改革に抵抗する社員だ。そうした社員が数千人になる場合もある。そうなるとまさしく、戦争をするのと一緒で、アクセンチュアの社員が何人も倒れるのだ。大将は絶対に倒れることは出来ない。


第三章は仕事で失敗した話だ。システムはうまくいかない時もある。その時には色々なパターンがあって、どう修復したのかを書いている。最終的には失敗は許されないので、どんなことをしても成功させなければならない。そうしたいくつかの事例を述べている。こうしたビジネスには特殊な能力を持った天才もいる。また、どんなアドバイスをしたのかも書いている。お客様の長年のビジネス慣行を覆した話もここに書いてある。


第四章は30代で経営者に成るのだが、その心構えを書いている。家庭を大事にしなかったことの反省とか、優秀なアメリカ人の協力を得なかったこととか、提案の仕方が全くわかっていなかったこととか、考えの発想が戦術的で、戦略的でなかったというようなことを書いている。

例えば、システムコンサルタントの料金は単価ではない。日本人はTQC的な考えで、なんでも積み上げて考えるが、そうではない。戦略的のものを考えなければならない。そうした考え方が出来るようになるまで、20年以上かかった。費用対効果の考えがわからなかった。効果が出れば費用はいくらでもいいのだ。


第五章はアクセンチュアの前身であるアーサーアンダーセンに入るまでと入社してからの最初のキャリアであるプログラマーとしての仕事をどう極めたかの話である。プログラミングではその技術を極めたことだ。トップレベルの技術など持っていなかったが、ハードディスクの技術マニュアルを完璧に理解して、コーディングでは無敵になった。IOを制覇したプログラマーは絶対に負けなかった。

第六章はヤマハ発動機での生産管理の仕事で何をしたのかを書いている。当時としては世界最先端のMRP (Material Requirement Plannig)のシステムを導入した。いわゆるトヨタのカンバン・システムを世界で初めてコンピューター化したのである。画期的であった。この時は何百人という部隊を率いて、システム導入に抵抗する数多くの現場の社員と戦った。

物事を極めようとしたら、徹底して辛抱強く、極めるまで行うという経験をした。どんな障害にも諦めてはいけないことも学んだ。コンサルタントとして一社だけにフルタイムで、8年もコンサルティングすることは長すぎるが、そんなことは決してなかった。


第七章はそうした大規模なシステム導入を経験し、エンジニアからお客様に営業できる経営者になるまでの道のりを書いている。浜松、名古屋、大阪、東京と拠点を移しながら、お客様の経営者に仕事の提案ができるようになって行った経緯を書いている。

その中でも画期的であったのはソニーのメールシステムだった。世界最初のインターネットの前身を作ったことだ。世界最先端を行くことはリスクもでかかったが、チャレンジした。折角作ったこうした先端技術を世界に展開する器量がなかったのは残念だった。


第八章は素材産業のビジネスを開拓し、その責任者になって、最終的に代表取締役になる時までの話を書いている。素材産業は全くの新規の市場だったので、苦労した話を書いている。この頃になると唯我独尊だったそれまでの考え方を改めて、アメリカのノウハウを活用する方法を身につけることができた。こうして新しい業界にチャレンジし、化学業界と石油業界、素材業界のトップの信頼を得ることができた。その道のプロから彼らの業務を謙虚に学ぶ習慣ができた。


第九章はパートナーの待遇について書いてある。30代で企業の経営者としての扱いを受け、飛行機はファーストクラスで、毎年あるパートナー会議がどういうものかを書いている。パートナー会議は「君はすごいんだ」といったような自信を与えてくれるイベントだった。


第十章は52歳で糖尿病が原因で倒れてしまった。その時に虎ノ門病院に入院したが、それを契機に、インラインスケートを始めた。それ以来、十数年、スケートをしている。その間に、色々なことがあったが、そうした事件とか行動を書いている。また、スキー競技とかバイクレースもしていたので、仕事が厳しいとは言っても結構、余裕はあった。


第十一章は33歳から8年間、青年会議所での活動を書いている。当時の白鳥社長から毎月50万円の経費をもらって、浜松青年会議所に入会し、最後は国際青年会議所の副会頭、財政顧問にまでなり、その世界会議で、数十カ国の代表を前に議長の経験をした。青年の船も企画し、六百人を船に乗せて、台湾、香港まで行った。リーダーシップスキルの習得とか人格形成には大いに役に立ったが、サラリーマンが参加できる組織ではなかったが、最後までやり通してしまった。


第十二章はこうした仕事をしながら、3回も離婚した経験を書いている。なぜ離婚したのか。楽しかった時もたくさんあったが、どういった苦労があったのか。そうした七転八倒の日々を書いている。私の女性関係はちょっと特殊だったが、女性に対しては、誠意の気持ちを持ち、全て自分が悪いという考えを持って生きて来た。

一貫して、自分を守ってはこなかった。相互の誤解は数多くあったが、相手を思いやる気持ちを持って生きて来たつもりだ。人が絡むと誰かが犠牲になる。特に、男はお金に汚くなってはいけない。女性がお金を欲しければ全部あげればいいという考えで生きて来た。


第十三章はアクセンチュアを退職してから、何をしてきたかを書いている。アウトソーシングのビジネスを8年間経験して、失敗した。コア業務のアウトソーシングビジネスをしようとしたのだが、お顧客様は誰もが人事とか総務の雑務を担当する人たちで、ミスマッチだった。もう一つやりたかったことがあった。それは日本にはグローバルリーダーがいないと考えていたことだ。そうした人材に自分もなりたかった。そうし人材になるための研修を実行して来た。そして最初は大連研修を行った。現在は英語で毎週二時間、世界の事象を教えている。


内容はできるだけ網羅して書いたつもりだ。仕事はうまく行ったものもあれば、失敗したプロジェクトもある。男女関係も一緒だ。30年という長そうで短い間の私の経験が参考になればという気持ちで書いている。

書き上げて、思ったのは2つある。一つはよくもまあこんなにたくさんのことをして来たなあと自分で呆れているのと意外とアクセンチュアでは残業をしていなかったことだ。長時間仕事をしていたのは自分がしたくてして残業をしていた時が多かった。そうでなければとっくに倒れていたに違いない。







How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) read free ipad How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) book from motorola read How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) book read How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) kindle download free How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) book download How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) book DepositFiles How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) book without payment How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) fb2 sale tablet access online How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) book text format How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) book drive How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) get free How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) purchase book How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) .txt download How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) eReader itunes view windows download How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) kindle download free How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) kindle download free How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) book SkyDrive How could you reach the position of representative director of Accenture in Japan (Japanese Edition) download torrent









79c7fb41ad


I...guess ...
Jul...25,...2013.....Craig....Venter2015How..could..you..reach..the..position..of..representative..director..of..Accenture..in..Japan..(Japanese..Edition)



Lun 19 Juin - 01:49 (2017)
Publicité






Message Publicité
PublicitéSupprimer les publicités ?

Lun 19 Juin - 01:49 (2017)
Montrer les messages depuis:    
Répondre au sujet    La Guilde 'Fraternity' Index du Forum » Demande d'adhésion à la guilde » Ce que la guilde recherche Toutes les heures sont au format GMT + 1 Heure
Page 1 sur 1

 
Sauter vers: 

Index | Panneau d’administration | Creer un forum | Forum gratuit d’entraide | Annuaire des forums gratuits | Signaler une violation | Conditions générales d'utilisation
Designé By Irisfale pour La guilde Fraternity